魚と遊ぶ休日

札幌発:へなちょこフライマンの釣り日記

スポンサーサイト

Posted by Trail-Way on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/18 カウントダウン

Posted by Trail-Way on   2 comments   0 trackback

渓流釣りのスタイルは様々だが、私の基本はドライフライ。

フライベストのポケットの奥には、ニンフのボックスも入ってはいるのだが、
6月から9月までの間、殆ど開かれることは無い。

勿論、条件によっては沈める釣りの良さも解ってはいるのだが、水面に浮かんだフライに
魚が飛びつく瞬間が堪らなく気に入っている。

そして、そんな魚たちに逢いたくて、また何時もの渓に足を運ぶ。

10091801.jpg

天気の良い週末。

あと何回、この流れの中で元気な魚たちと戯れることが出来るのだろう?

スケジュール帳を開くと、残り少なくなった週末の予定欄に、楽しみと同時に、寂しさが重なり合う。

10091802.jpg

何時もの渓には、今年 出逢えた魚たちの思い出と、未だ見ぬ魚への想いが交錯する。





これまでとは、打って変わって控えめにフライを咥えたニジマスが、シーズンの終盤を象徴しているようだ。

10091803.jpg

週末となれば、釣り人で賑わうこの林道にも、人影は少なくなったが、それでも上流に向かう車が見えた。



10091804.jpg

最近まとまった雨が降っていないせいか、川の中の石には藻がこびりつき、

今年、酷使して磨り減ったウェーディングシューズでは、足元がおぼつかない。


それでも、時折姿を見せてくれる岩魚たちの表情に癒される。

10091805.jpg



先ほどの車の釣り人だろう、林道を下って来る二人づれが見えた。

案の定、暫くの間、魚たちの反応が更に鈍くなったように思える。



何度か、思わぬ所から飛びついてくる魚の姿を確認しつつ、渓を遡っていくと、めっきり低くなった午後の日差しが
眩しく川面に反射しはじめた。

10091806.jpg

残念ながら、期待のポイントからは、魚からのコンタクトは無かった。


何時もの変わり映えのしない渓、そして変わり映えのしない釣果かもしれないが、かけがえの無いひと時。




とは言え、何か物足りない想いからだろうか、林道を戻る道すがら、気になるポイントに再び足が向いた。

10091807.jpg

これまで、何度も魚たちがフライにアタックしてくれた好ポイントだ。


思い描いた魚には遠く及ばないものの、無邪気なニジマスが顔を見せてくれた。

10091808.jpg


また、大きくなったら遊んでくれよ~。


そう言い聞かせたつもりだが、無論、彼(彼女?)は、二度とこんな目には遭いたくはないだろう。

10091809.jpg

一目散に流れの中に戻って行った。

スポンサーサイト

Comment

釣野好雄 says... ""
TWさん こんにちは~♪
なんか遠征分が抜けてるようなんですけど~(w)、アップして下さいね。それとは別に、TWさんも書いていますが、川底の石がずいぶん滑りましたね。僕も何度チンしそうになったか ^^;これからの季節、全チンだけは避けたいですが、終盤になるとヨレて足がもつれてドボンって事が多々あるのでお互い気を付けましょうねc(*_*)/
2010.09.21 13:57 | URL | #cxq3sgh. [edit]
TW says... "Re: タイトルなし"
釣野さん 今晩は
遠征分は抜けてませんよ~ 日曜日なので、順番どおりです。
只今作業中につき、もう暫くご猶予を~♪
私の場合は全チンすると、悲惨なことになるので、特に気をつけてます。
今年は、高温の影響か、どこの渓も藻が多いですね。
フェルトスパイクでも踏ん張れないこともしばしばで、必死です。
魚たちの生態にも影響があるのでしょうね。(貧稼の言い訳だったりして)
2010.09.21 21:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://trailway3110.blog133.fc2.com/tb.php/41-d4941c4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。