魚と遊ぶ休日

札幌発:へなちょこフライマンの釣り日記

スポンサーサイト

Posted by Trail-Way on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/15 連休三日目(岩魚編)

Posted by Trail-Way on   0 comments   0 trackback

連休も最終日・・。体は疲れているはずなのに、ちゃんと目が覚める(W)
さて、今日は何処へ行こうか? 
釣果は度外視して、今年まだ訪れていない渓でも覗いて見ることにしましょうか?

13071501.jpg

簡単には釣れないのが判っていながら、この景色を見るために、ついつい寄ってしまう♪
この連休中にも、多くの釣り人がこの雄大な眺めを目に焼き付けたことでしょう。

13071502.jpg

果たして、魚の姿を見た人は多くは無かったのでは・・。
この日も、朝からフライマンと遭遇しましたが、結果はどうだったでしょう?

13071503.jpg

新しいポイントも出来てはいるようですが、ご他聞に漏れず、魚からのコンタクトは無し・・。OTL
早々に切り上げて、移動することに・・・。さて、何時もの渓にでも行こうか?

13071504.jpg

と思ったのもつかの間、移動するのも億劫になって(W)
すぐ隣の渓に入っていました。 ここは久しぶりに足を踏み入れたのですが、
たしか小さいながらも山女魚が釣れた記憶が・・・・。(あんまり覚えていません・・W)

小渓流ながら、水量も多目で、渓相もなかなかですね~
ただ、川原が無く、岩も結構滑るので遡行は難儀します。

最初に顔を見せてくれたのは、おはよう岩魚君♪
13071505.jpg 変な所にフッキング~W 

とりあえず簿回避です。

川原の岩には、羽化したての蜉蝣の姿も見えますね~
13071506.jpg 余裕ですか~ (疲れのせいですか~w)

あまり記憶が定かではありませんが、良さそうなポイントもありますね。

13071507.jpg

元気良く虹君も出てきましたよ♪
13071508.jpg

今日は、大物は出ないだろうとネットを持たずに入渓しました。
お陰で、川原が無いこの渓で、取り込みに戸惑っている間に尺岩魚をバラし・・・・。orz

13071509.jpg

魚は居るのでしょうが、出方が渋く、ポイントを何度もトレースしてやっと反応がある感じです。

13071510.jpg

それでも、粘っているとちゃんと出てきてくれます♪
13071511.jpg 今日は岩魚デーですね。

天気も良いし、渓相も良し♪ 

13071512.jpg

魚も多くはないですがちゃんと遊んでくれます。
13071514.jpg

まあ、こんなポイントは激渋なんですが・・・。

13071513.jpg


さて、そこそこ楽しんだし、昼も回ったので、このあたりで切り上げましょうか?

13071515.jpg

おっと・・。そういえば、まだ山女魚の顔を見てませんね~ (たしか居るはずなんだけど?)

13071516.jpg

やっと登場ですね♪
13071517.jpg

幅広の中々良い型の山女魚ではないですか~
こんなのがまだ居るかもしれませんね(W) もう少しやっていきましょうか?

13071518.jpg

段々と山岳渓流っぽい雰囲気になってきましたよ~ (と言っても、国道のすぐ脇ですけど・・w)

13071519.jpg

釣れないな~ と思った頃に岩魚君登場ってパターンです。
13071520.jpg

さて、予定より2時間ほど余分に釣り上がって来てしまいました。
確か、この先に橋があったような・・・?
(記憶が曖昧です。しかも勝手知ったエリアなのでGPSも置いて来ました・。)
国道が近くと言っても真っ直ぐ出るには相当の藪漕ぎを覚悟でしょうし、
滑る岩の渓を川通しで戻るのも何だかな~ っと躊躇いつつ惰性で釣り続けるお馬鹿な釣り人。

13071521.jpg

まあ、釣れているから良いか~W
13071522.jpg  とお気楽な釣り人ですね。

さて、何だか随分と奥に入り込んだような気配です・・・。
しかも、ここまでドピーカンだった空が、一転掻き曇ったかと思えば、大粒の雨が・・・。
拙い・・。積乱雲・・・。 ゲリラ・・・? (逃げ場が無いんですけど・・・泣;)

13071523.jpg

まさか雨なんて、全く予想していなかったので、レインギアもありません。(ありゃ~困った~)

仕方が無いので、木の陰で蕗の葉を被って雨宿りです・。(あれ~前にもこんな事があったような~W)
小一時間たったでしょうか?増水するほどの雨量でもなく、雷も鳴らずに小降りになりました。(ホッ)

さ~て、どうしたものだろう・・。
13071524.jpg

雨で活性が上がった~(W) なことしてる場合じゃないですよ~
また、何時降り出すかもわかりません。撤収しましょう。
しかし、さっきの橋から2時間半ほど釣り上がっています。先に橋はあるはずですが、まだ先のような気も・・。

むむぅ・・。ここは悩みどころではありますが、確実な方を選択しましょう。

一時間後・・。滑る岩に足をとられながら、息も絶え絶えで下の橋にたどり着きました。(びしょびしょですw)
本当なら、既に家に帰っているはずの時間ですね~

本日は、誤った渓流釣りの醍醐味を満喫しました。

PS:家に帰って、地図を見直してみると・・。
   上流の橋までは相当の距離があったことが判明。橋があると思い込んでいた地点は支流の合流点で、
   その先に橋はあったのですが、多分あのまま上に向かっていたら遭難していたかも(W)

   気をつけよう! 事前のルート確認と装備のチェックを忘れずに! (油断は禁物ですね)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://trailway3110.blog133.fc2.com/tb.php/263-0ec0b1d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。