魚と遊ぶ休日

札幌発:へなちょこフライマンの釣り日記

スポンサーサイト

Posted by Trail-Way on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/14 再調査の渓

Posted by Trail-Way on   4 comments   0 trackback

一気に秋がやってきましたね~
こうなると、遠出はもとより峠越えも躊躇してしまいます。

意外にも穏やかな日曜日♪ 今日は何処へ出かけようか? (何にも考えてないですねw)
向かったのは、峠越えの無いルート。

少々気になっていた渓の再訪です。

12101401.jpg

ここは、今年6月に、「yamame」さんと「かげまる」さんとで入渓して、三人とも撃沈した渓です。
情報によれば、デカ虹がいるとの事だったのですが、果たして真偽のほどは?

前回は、最下流からの入渓だったので、今回は上流域を目指そうと・・・・。

が、何と立派なゲートが通せんぼしてます・・・・・OTL(まだ工事やってたのか?)
仕方が無いので、前回と同じく一番下の橋からやってみましょう。

入っていきなり、オハヨウ(コンニチハ?)小虹君が登場♪
12101402.jpg

これは幸先良いのか? それとも隅一の前兆か?

渓相はなかなか良いものがありますね~

12101403.jpg

これで魚が釣れたら、文句なし~なのですが・・・。
やはり前回同様、さっぱり釣れません。 ベビーサイズの魚がフライを突っつくだけで・・。
完全に返り討ちでしょうか?

こんなポイントでは、正体不明の魚が飛びついて来たものの、遊ばれただけ~W

12101404.jpg

ここで久々に魚影を発見! 盛んにライズしてますね♪ どうやら山女のようです。

12101405.jpg

貴重(W)な魚なので、ティペット交換して、フライも#14のパラシュートにチェンジ。

狙い通りのレーンを流して、一発ヒット! (これぞドライフライの醍醐味ですかネ~)
12101406.jpg

さあ、あと一匹(W)

すると、こんなプールで悠々とクルージングしている魚を発見!

12101407.jpg

アノ手コノ手を使って魚の気を引きつけ、やっとフライを咥えた~♪

と思ったら、食いが浅かったのか、完全にすっぽ抜け(W) ちょっと残念。

それにしても、穏やかな陽気です。
時おり吹き抜ける風の音と、ドングリの落下する音に驚かされるだけの、静かな時間が流れていきます。
(要するに、さっぱり釣れないってことですねw)

12101408.jpg

そこらじゅうナイスポイントなのですがね~
たまに、魚の姿が見えますが、フライを一瞥して帰っていくばかり・・・。
先行者の足跡もあり、人もそれなりに入ってはいるのでしょうが、それにしても渋いですね~

12101409.jpg

そしてまた、魚影を発見! ここは慎重に~W

12101410.jpg

が、ちょっと力が入りすぎたのか、ファーストキャストが方向違いに飛んで・・・。
魚が慌ててダッシュするのが見えました・・。(あ~ へたこいた~w)

と思ったら、いきなりフライに飛びついてます♪
12101411.jpg

更に、同じポイントの流れ込みあたりで、フライを追って蠢く魚影がありますね~
遠慮しないで食いついてくれよ~ 

何度目かのキャストで、意を決したかのように魚に動きが・・。(そんな大げさなもんか~w)

12101412.jpg

ちょっと尺には届かないかな~ でも何とか型が見れて良かった~W

やはり上流に向かうにつれ、少しは魚影も濃くなった気がしますが、

12101413.jpg

それでも渓相は良いだけに、少々残念な渓ではありますね。
12101416.jpg

山の紅葉はまだまだですが、これから一気に色づくのでしょうか。

12101415.jpg

いずれまた、上流域の再々調査もしてみようかな(W)

12101414.jpg

と帰り道に考えていたら、なんと2日前に、この渓の上流域に入った方々が居たようです。
その模様は、「釣野さんのブログ」をご参照あれ♪

はてさて、ゲートに阻まれたのが不運だったのか、それとも幸いだったのかは
神(カムイ)のみぞ知る~でしょうか♪

スポンサーサイト

Comment

馬平 says... ""
こんにちは
写真を見る限りちょいと水不足なのでしょうね
でもちゃんと山女や虹鱒をゲットしているのは
流石です♪馬平は最近歯車が狂いっぱなしです
なんて言い訳ですね・・・(笑)
2012.10.16 12:56 | URL | #90LdKUd6 [edit]
釣野好雄 says... "見覚えが・・"
TWさん こんにちは~
トップの画像が僕のと一緒ですね(笑)あの辺は最後に入ったところですが魚影は極端に薄い気がしました。大魔神にもっと上の方に行かなければ釣れないよって言われそそくさと引き上げました。最後の川の真ん中に石がある場所、クマを見た場所も川の真ん中に石があったけど近くまで行ってないのでわかりませんが、足跡とかありませんでしたか?
2012.10.16 13:03 | URL | #cxq3sgh. [edit]
Trail-Way says... "Re: タイトルなし"
馬平さん こんばんは~
最近、ブログアップされてないようですが、
お忙しいのでしょうか?まさか釣りに行って
いないなんてことは無いとおもいますが、
釣れない釣りも、釣りのうちですから♪
まあ、それでも魚が一尾でも居ればOK(W)
そういえば、これからが馬平さんのシーズン
ですよね~ また遊びにいきましょう♪
2012.10.16 22:13 | URL | #- [edit]
Trail-Way says... "Re: 見覚えが・・"
釣野さん こんばんは~
トップ画像は、似ているな~とは思ったのですが、
下流域には入ってないと聞いたので~ 同じでしたかW
本当に、激激薄でした。それでも何とか大漁(6匹♪)
でしたから、OKですね~
大石のポイントは、橋の手前ですから、違うと思いますよ~
川原には、鹿と釣り人の足跡だけでした。(見逃したかも?)
戻る途中の道には、古いドングリの糞がありましたけどね~
2012.10.16 22:19 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://trailway3110.blog133.fc2.com/tb.php/221-44cf30f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。