魚と遊ぶ休日

札幌発:へなちょこフライマンの釣り日記

スポンサーサイト

Posted by Trail-Way on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/17 partⅡ 岩魚三昧(滝上)

Posted by Trail-Way on   4 comments   0 trackback

続いてやって来たのは、本流上流部。
ゲート前には、車が一台止まっている。 さて、何処まで上がっているだろう?

何れにしても今日は、先日途中で大雨に遭い、止む無く撤収したため、見ることが出来なかった
この滝を見にやってきた。
1007170201.jpg

林道を少し歩いて汗ばんだ顔に、滝の飛沫と涼風が降り注ぎ、この一帯だけヒンヤリとした空気に包まれている。

早速、滝壺に落ちた水流の流れ出しのポイントにめがけて、少し大きめのカディスをキャスト!


一瞬、フライ目がけて浮上する魚影が見えたが、そいつは、そのまま流れの底に戻っていった。

2投目・・ 今度はフライに食いついた!!   しかし、僅かに魚の感触を手に伝えたラインは
虚しく戻ってきた。  (ロングキャストの合わせが上手くできません・・orz)


続いて3投目・・ 合わせの瞬間、小さな岩魚は一瞬宙を舞って流れに帰って行った。
4投目・・・・・ 又しても・・・  しかし、小さなサイズしか出てくれない・・・

そして魚の反応が全く無くなった・・・・・。

結局 ここでは、1尾も魚を手にすることが出来なかった。こんなことは初めてだ。


仕方ない、先行者がここまで来たのは間違いないだろう。
それでも、この上なら、岩魚君たちはそんなに釣れなくすることは無いだろう。

1007170202.jpg

滝上のプールには、岩肌から小さな流れが小滝のように注いでいる。

この先の流れ込みには、必ず岩魚が溜まっている。

1007170203.jpg


しかし、勢い良く飛びついては来るのだが、中々フライを咥えてくれない。

次々とアタックはしてくるものの、上手くフッキングしない。かなりスレているようだ。

何とか、かんとか、魚をキャッチ
1007170204.jpg

先行者の影響だろうか? この先もこんな調子か?

1007170205.jpg

1007170206.jpg





しかし、そんな心配は杞憂だった。

岩が点在するスポットに入ってから、岩魚君たちは、ほぼ1キャスト、1ヒットで飛び出してくる。

ポイントなんて関係ない。フライが着水した地点がポイントだ! と言っても良いくらいだ。

なにせ、フライが落ちた所から1メートル以内に魚が居れば、猛然とフライにアタックしてくる。

サイズも、20~25位が中心で、それなりの引きで竿を撓らせてくれる。

何匹目からだろう、写真に撮ることも、更にネットを使うこともしなくなった。
もちろん何匹釣れたかも数えていない。フライボックスに入っていたカディスパターンを全て使いきり、
多少濡れて浮力が落ちたフライもお構いなし。
沈めば沈んだまま、ウェット風に食いついてくる。

1007170207.jpg

まるでフライフィッシングの腕が上達したかのような錯覚を覚える、釣り人にとっての至福のひと時。

1007170208.jpg

時間はかなり経過しているのだが、さほど前には進んでいない事に気づく。

1007170209.jpg

しかし、釣れすぎる、というのも良くない。

1007170210.jpg

モチベーションが維持できない自分に気づく。 

フッキングした後、わざとラインを緩ませ、ナチュラルリリースしようとしている。
キャストも雑になってきた。

こんな事では、岩魚君達に失礼だ。

1007170211.jpg

こんな我侭な釣り人に付き合ってくれて、ありがとう!!

1007170212.jpg


予定では、次の支流に掛かる橋までは、行こうと思っていたのだが、

1007170213.jpg

ここらで切り上げることにしましょう。

1007170214.jpg  また来るからね!!!!  

これに懲りずに付き合ってくれよ~   

To be continued (partⅢに続く)

スポンサーサイト

Comment

馬平 says... "黙ってw"
TWさんおはよう御座います
黙って行くなんて許せない(笑) なんてねw
すごい反応だったんですね
フライのキャストが適当になるほどの反応
型はいまいちだったようですが十分楽しめたようですね
今度支流に一緒に行きましょう
では仕事に行ってきます
2010.07.19 06:32 | URL | #- [edit]
TW says... "Re: 黙ってw"
馬平さん 今晩は
この区間は何度も入っているのですが、
滝壺で全く釣れなかったのも
滝上で、こんなに連発したのも初めてですね。
もちろん、上流部はイワナのみですが、
何時いっても、それなりに釣果があるので、
下で貧稼だった時は、癒されにやってきます。
上の支流は未調査区間ですが、タイミング次第で
爆釣かも? もう一雨欲しいところですね。
2010.07.19 23:13 | URL | #- [edit]
釣野好雄 says... "これまた・・"
コメントしますよ~(笑)
滝上の見慣れたポイントの写真がアップされ
自分もそこで釣っているような気になります。
この区間も本当に素晴らしいですね。下で
釣れないときは気分の落ち込みを担保して
くれる区間です。あまりの釣果に釣りが雑に
なるのは否めませんね。なら、どこでも竿を
出さずに決めたポイントだけやればいいはず
なのですが・・・そうは言っても、ですね~。
2010.07.20 15:26 | URL | #cxq3sgh. [edit]
TW says... "Re: これまた・・"
またまた 今晩は~
KMBやOSBでBOでも、ここがありますよね~
それにしても、滝上プールの渋さと、その上の反応の落差が
あまりにも大きく、驚きでした!
先行者の影響なのでしょうが、平日の朝一で入ったら、
凄い事になりそうです。なので自粛します。
まだまだ修行が必要ですから。(^0^)
2010.07.20 22:26 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://trailway3110.blog133.fc2.com/tb.php/19-27bd57b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。