魚と遊ぶ休日

札幌発:へなちょこフライマンの釣り日記

スポンサーサイト

Posted by Trail-Way on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/20 ドライに出る?

Posted by Trail-Way on   2 comments   0 trackback

今日は、絶好の釣り日和♪ さて、何処に行きましょうか?
あっち? そっち? 悩んだ挙句に、超近郊の渓に来てしまいました。

12052001.jpg

まだ水量が多く、ドライでは厳しいのは分かっていたのですが、もしや?という誘惑に駆られて・・・・。

気温が上がってからが勝負! と思い、すこしゆっくりめに出かけたら、ゲート前には車がズラ~リ(W)
日曜のサブホームは、激戦区なのでした・・・。 なにせ、「魚の数≦釣り人の数」ですからね~

とりあえず、林道の終点から入渓です。 フライは何も考えずに、定番のカディスを結んでスタート。

12052002.jpg

水温9度、ギリギリOK?
最初のポイントでフライ目がけて浮上する魚影が・・・。 

この一尾が苦難の幕開けになろうとは・・。

12052003.jpg

通いなれた渓ですから、魚の付き場は分かっています。
きっと出てくれるはず・・・。 と信じて、ひたすらキャスト! キャスト!・・・・・・・・・・・・・。

12052004.jpg

天気は最高! 渓相もお気に入り!! 水量が多いことを除けば、文句なしなのですが・・。
魚の姿が、一向に見えません。 それでも、ひたすらキャストを繰り返し・・・・。

既に初夏のような陽射しが降り注ぎ、渓の至る所に虫たちが舞っているというのに~

12052005.jpg
(お魚の写真の代わりにどうぞ~)

最悪の結末の予想がつきそうですね・・。

12052006.jpg

やっと・・・・・。 今年の初岩魚♪♪ (チビアメちゃんかな?)

12052007.jpg

なんとか「ボ」回避です。(ほっ!)

12052008.jpg

しかし、後が続きませんね~

12052009.jpg
(お魚の代わりにどうぞ~  しつこい?)


さて、ここは鉄板ポイント! 魚が居ないはずがありません。

12052010.jpg

水量のせいで、川幅が広がって、いたる所にポイントがありそうです。右?左?真ん中?手前?奥?・・・。

答えは・・・・・。



底でした(W)

12052011.jpg

流石に耐え切れず、BHNを投入すると、あっさりヒット。つづいて連続バラシ・・・。
魚達は、全く水面を見ていないようです・・・・・・。orz

ここも、大物が付くポイントですね~ 
早速、良型虹君がヒットです!!

12052012.jpg

しかし、水面まで上げる前に、またしてもバラシ・・・・・・。(バーブレスじゃないのになあ~)

12052013.jpg
(脳内イメージです・・・・・)

おまけに、反動で跳ね返ったリーダーに、マーカーとフライがが絡まって・・・・・・。
これだから、ルースニングは嫌いですよ~

面倒くさいので、ドライに戻します(W)

12052014.jpg

狙うのは、ストラクチャー周りに絞り込みましょう。

12052015.jpg
(イメージフォト・・・。違いますよ~w)

さて、目指せ!ドライで大漁♪

12052016.jpg

しかし、ここからまた沈黙が続きます・・・・・・・・・・・。

12052017.jpg

やっとのことで♪

12052018.jpg
(チビっ子ですけど、可愛いね~)

さて、そろそろ陽も傾いてきました。忘れちゃいけない、蕗の収穫も済ませました。
締めの一尾はどこですか?

12052019.jpg

此処でした♪

12052020.jpg

結局、「魚の数≦釣り人の数」は覆せませんでした。(腕のせいでしたか~w)
脱渓時には、プールで水温14度まで上昇してました。  ビシバシまで、もう少しの辛抱ですね♪


PS:此処には何十回となく、通っているのですが、こんな看板初めて見ました。

12052021.jpg

ヤマベは居ませんよ~ (いつごろまで放流していたのでしょうね?)


PS2:今年の初岩魚との出会いを祝って、山菜フルコース♪

12052022.jpg

ウドの酢味噌和え 蕗の煮物アイヌネギ添え、スドケの御浸し♪ (二日目のカレーも美味しく頂きました・・w)

スポンサーサイト

Comment

釣野好雄 says... ""
TWさん こんにちは~
昨日は魚の数より釣り人の方が多いという
ハイプレッシャーの中でもちゃんとお魚を
ゲットするというTW魂、健在でしたね。
ヤマメを守る会の看板は僕も2009年に
記事にしました。今でこそヤマメは姿を消し
たみたいですが、2006年には28センチ
のヤマメを釣ったことがありました。放流
ヤマメも一匹残らず釣られてしまったという
ことでしょうね。ちょっと寂しい気がします。

2012.05.21 11:37 | URL | #cxq3sgh. [edit]
Trail-Way says... "Re: タイトルなし"
釣野さん おはようございます。
ドライでは、やはり厳しかったですが、
何とか、気の早い魚さんと遊べました。
放流山女は、定着できなかったようで
住み辛い環境なのですね。、
2012.05.22 07:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://trailway3110.blog133.fc2.com/tb.php/171-bf8d2f8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。