魚と遊ぶ休日

札幌発:へなちょこフライマンの釣り日記

スポンサーサイト

Posted by Trail-Way on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/13 岩魚の楽園を再訪

Posted by Trail-Way on   0 comments   0 trackback

例によって、遅く起きた朝。既に陽は高くなっているのですが、何はともあれ出かけましょ♪
ところが、いきなり国道は渋滞で思うように進みません・・・。(無理やり進みましたけど~)

これでは峠越えなんて、無理ですね。  途中で左に曲がって森林浴コースへ♪

ここは、6月に初めて訪れた渓なのですが、その時は水温9度の厳しい中、
ドライに岩魚達が飛び出して来たっけ~  さて、夏場はどんなことになるのでしょう?

11081301.jpg

ところが、橋の所には車が・・・。 先行者あり? まあ、他の入渓点もわからないし、この渓の
ポテンシャルなら、何とかなるでしょう♪

ところが、前回いきなり反応があった、橋下のプールが沈黙。

その後も、さっぱり反応がありません・・・。(やはり先行者の影響でしょうか?)

やっとのことで、こんなポイントから

11081302.jpg

お早う、チビ岩魚君・・。OTL

11081303.jpg

今日も天気は最高で、明るい日差しの中、谷を吹き抜ける風が心地よいのですが・・・。
思いっきりアゲンストなんですけどね(W)

11081304.jpg

ロケーションは言うこと無いのですが、

11081305.jpg

サイズがもの足りませんね・・・。orz (前回の方が良かったような気が・・)
まあ、水温16度は、この渓の岩魚達には暑すぎるのでしょうか、流芯から飛び出して来るような
元気な魚はいません。緩い流れから、ゆっくり浮上してきて、フライを一瞥して引き返す奴ばかり。

それに、一度見切ったら、二度と出てこないなんて、岩魚に有るまじき態度ですよ。

そうこうしていると、前方に釣り人が。 まさか追いついちゃうとは~ (余程釣れてないんだ~)
さて、まだ序盤戦なのですが、どうしたもんでしょう? 近くに脱渓するポイントはありませんし。
すると、先行者さんは、ここで切り上げるとのこと。(ここは、初めて入ったそうです。しかも単独で~)

すると、この先は貸切ですね♪

早速、すぐ上のポイントで、(岩の下から♪)

11081306.jpg

いきなり泣き尺♪ 流石に「岩魚の楽園」と言われるだけのことはありますね♪

11081307.jpg

しかし、その後もやはり、流れの緩いポイントからしか反応がありません。

11081308.jpg

いかにもポイントからは、反応はあるものの、出るのは小型の魚だけ。

11081309.jpg

おまけに、さっぱり咥えてくれません・・。(擦れている? それともヤル気がない?)

11081310.jpg

ここは、前回は何匹もフライに飛びついて来る魚がいたのに、今日は、ふわ~って浮いてきて、プイ(W)

こんなプールからは、時おり出てはくるのですが、小さな魚ばかりですね。

11081311.jpg

それにしても、次々訪れる渓相美は、流石ですね♪

11081312.jpg

こんな環境の中で、釣りができる幸せ♪

11081313.jpg

11081314.jpg

「岩魚の楽園」というよりは、「釣り人の楽園」なのかも知れませんね。
まあ、ここのところの雨不足で、魚たちも、機嫌が良くないのでしょう。

11081315.jpg

小さな沢の合流点では、何匹もの魚が遊んでくれました♪

11081316.jpg

ホッパーに飛びついてきた岩魚ちゃん♪

11081317.jpg

そして、尺クラスも♪

11081318.jpg


おや? 元気にジャンプすると思ったら、珍しく虹君ではありませんか♪♪

11081319.jpg

大都会の近郊で、岩魚三昧♪ この環境を何時までも大事にしたいものですね♪


そして、今日の一番は、

11081320.jpg


こんなのが出てくれると、最高!!

11081321.jpg

充分に楽しませてもらいました♪  さあ、引き揚げるとしましょうか~ 

11081322.jpg

それにしても、脱渓するのが一苦労ですね(W)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://trailway3110.blog133.fc2.com/tb.php/123-95dff628
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。