魚と遊ぶ休日

札幌発:へなちょこフライマンの釣り日記

スポンサーサイト

Posted by Trail-Way on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/7 猛暑の洗礼

Posted by Trail-Way on   4 comments   0 trackback

昨夜は、遊び疲れて泥のように眠りについた。
当然、目覚めたときには真夏の太陽が照りつけていて・・・。

今日は真夏日になるのは間違いなさそうだ。
家にいても、暑さから逃れられる術はないので、近くの渓にでも行ってみることにしよう(W)

標高の高い上流部なら、多少は過ごしやすいかも知れない、との期待は無残にも打ち砕かれた。
灼熱の太陽が容赦なく降り注ぎ、ジッとしているのも耐えられない。
さらに追い討ちを掛けるように、彼方此方に釣り人と思われる車が。(考えることは皆同じだね~)

移動するのも、億劫なので、どうせ駄目元で渓の様子だけでも見ていくことにしよう。

11080701.jpg

カンカン照り、そして渇水・・・。おまけに川原の石の上には、まだ乾ききってない釣り人の足跡・・。

下流に釣り人が見えた。ならば、釣りあがればなんとかなるか?

しかし、上にも足跡が続いている。もう一人いるのか?

11080702.jpg

こんなポイントからは、空飛ぶサイズのチビっ子が出ては来るのだが・・・。

11080703.jpg

これは厳しいなあ~ と思いつつ暫らく進むと、案の定もう一人の釣り人が・・・OTL
完全に挟まれましたね(W) とりあえず戻って、脱渓します。

既に滴り落ちる汗が止まりません。この後どうしようか?と考えるより先に、まずは風に当たろう。

これ以上上流部に行っても、この渇水では釣りになりません。下流部に向かい、汗が引いたところで再入渓。
勿論、駐車している車はあるものの、こんな天気の日に高巻きだの藪漕ぎだのは御免です。
出入りが簡単なポイントで、とりあえず魚の顔を見たら帰ることにしましょう。

11080704.jpg

ここは、先週大物に見切られたポイントですね。しかし、流石に今日は、Qちゃんすらヤル気が無さそうです。
そんな中、無邪気にフライを咥えてくれた小さな山女♪

11080705.jpg

一瞬ですが、暑さも和らぎましたね~

しかし、その後同じポイントでそこそこのサイズを連続してバラシ・・・・・。
少しばかり複雑な流れには対応しきれません。成長してないなあ~

まあ、数打ちゃ当たる♪がモットーですから(W)

で、先週のヒットポイントですね~
今日はどうですか? 

11080706.jpg

無視ですか~

既に移動するのも億劫になって来たので、少し粘ってみることに・・・。(脱水症状が・・OTL)

フライパターンを変えて見ると。

11080707.jpg

お前さんか~い(W)

それでも、テレストリアル系に反応があったということは?
フライボックスの中の、貧相なラインナップからセレクトしたのは、パラエルクアント#14

先週と同じように、倒れた木の下を目がけてキャスト。

いい感じで流れてますね♪

そして、ガバッと! (お? これってデジャブ?)



再会を果たしました(W)

11080708.jpg

お前さん、学習してないね♪(自分と同じなので、何故か愛しく思えますけど~)

それにしても、これってヤマメ? サクラ? このタイプは違いが良くわかりません(W)

顔つきは、メスっぽい?

11080709.jpg

尾びれの付け根は、ほんのり桜色?

11080710.jpg

パーマークは見当たりませんね。という訳で、勝手に小桜ちゃんと認定!
もう釣られるんじゃないよ! といい含めてお帰りいただきました。

それにしても、サクラマスの生態は色々と複雑なようですね~ 戻りヤマメっていうのも居るみたいですし。

さて、ここで引き返すことにしましょう。

11080711.jpg

その後は、時々Qちゃんと戯れつつ

11080712.jpg

最後の最後で

11080713.jpg

岩魚君にも逢えました♪

11080714.jpg

撤収しま~す。


ついでなので、帰りがけにお隣の渓も覗いて見ましたが、

11080715.jpg

随分と渓相が変わっているようですね。

11080716.jpg

お魚さんの気配も感じられませんでした。

こうして見ると、この川の名前の由来が、何となくわかりますね♪

11080717.jpg

それにしても暑い一日でした。
早く夏が来ないかな~ と思っていたのに、実際に真夏日になると、「もう勘弁してくれ~」ですから

人間って、何て自分勝手なんでしょう(私だけ? W)

スポンサーサイト

Comment

シェルパのG says... "執念のFF"
いや~、此処まで釣れば何も言うことは無いですわ m(_H_)m
お見事 v(^H^)v
あっぱれ!!!
2011.08.10 23:21 | URL | #- [edit]
TW says... "Re: 執念のFF"
お早うございます。
何とも暑い日でしたね~
お疲れさまでした。m(_ _)m
とは言え、Gさんも今週もまた
由美子さん狙いに行くんですよね。
頑張ってゲットしてください♪
2011.08.11 07:18 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.08.13 08:17 | | # [edit]
Trail-Way says... "Re: No title"
参考になるコメントありがとうございます。m(_ _)m
鮭科の魚たちの生態は、本当に複雑で、多様な生活環境
に適合するよう、フレキシブルに対応しているのでしょうね。
この魚が、サクラ鱒(ヤマメを含む)が特殊な環境の中で、
子孫を残すためにこの渓の環境に対応した結果とは思いますが
何か、複雑な心境ではあります。やはり、渓流魚たちがダム
などで生態系を壊されず、自然のまま、生きていける環境を
多く残すことが大切だと思います。私たちにとっても然りですね。
まあ、私なんぞ、大きな魚が釣れれば嬉しい♪という、ただの
釣り○○に過ぎませんが・・。いろいろ学ぶことは必要ですね。
2011.08.13 23:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://trailway3110.blog133.fc2.com/tb.php/121-d6279844
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。