魚と遊ぶ休日

札幌発:へなちょこフライマンの釣り日記

スポンサーサイト

Posted by Trail-Way on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/9 リベンジのはずが

Posted by Trail-Way on   2 comments   0 trackback

何度も、同じ渓に足を運んでしまうのは?

沢山の魚たちとの出会いがあったから?

それとも、悔しい思いをしたから?

どちらにも当てはまる渓があった。


11070902.jpg

良型の山女魚に出会えて、大物を連続してバラした・・・・・。


今日は、前回より相当に水量が少なくなっている。

果たして、どんな結果になるのやら・・・。

何時ものことだが、期待だけは膨らんでいく。

11070903.jpg

入渓早々に小さな岩魚が釣れた。

とりあえず、一安心ではあるのだが、本当なら山女が出てくるはずなのに・・・。(一抹の不安が)

次に顔を見せてくれたのも、岩魚だった。

11070904.jpg


どうやら今日は、岩魚デイらしい♪

それはそれで、また楽しみではある。


暫らくして、数少ない大場所に到着。

11070901.jpg

ここでは、あまり釣れた記憶が無い・・・。

案の定、白泡の下からフライ目がけて飛び出してきた、尺クラスの岩魚は、


不恰好なカディスがお気に召さなかったようで、咥えることなく住処に戻っていった。

そんな事が、二度、三度と繰り返される。

どうやら、かなり厳しい一日になりそうだ。


とは言え、今日この渓に足を運んだ理由が潜むポイントへと足を進めよう。

11070905.jpg

予想通り、半分以下に落ち込んだ水量ゆえ、ポイントの底まで見渡せる・・。

ファーストキャストが全てだろう。慎重の上にも慎重にロッドを振る。


狙い通りに、倒木の下を潜り抜けたラインは、最良のポイントへフライを送り込んだ。

ほぼ完璧なルートをトレースしたフライ目がけて、ゆっくりと底から浮き上がってくる魚影。


カディスを吸い込むように咥えたのが見えた。


すかさず、アワセを入れる。



重い手ごたえ。


やったか?


いや、重すぎる。




魚の口を捕らえたかと思ったフックは、何故か沈んだ倒木にガッチリと刺さっていた。



この一瞬が、今日の全てだった。


あとは、照りつける日差しの中を、ひたすら歩き、キャストを繰り返し・・・。



次々と廻ってくる眩いばかりの渓流の煌きの中で、時間だけが過ぎていった。

11070906.jpg


頭の中では、何匹もの岩魚や山女魚を釣り上げていたはずなのに。

11070907.jpg


それは、遠い記憶の断片だったのだろうか?

ただ、時おり思い出したように姿を見せてくれる魚たちは、確かにそこにいた。

11070908.jpg

噴出す汗を拭いながら、次のポイントには必ず・・。

11070909.jpg

確証の無い想いだけを支えに、歩を進める。

11070910.jpg

滑る石に足を取られないように、慎重に遡行していたはずなのに。

思いの外、体力が落ちていたのだろう。

藪こぎの途中、見えない足元にあった枝に足を取られ、前のめりに転倒。


ロッドを放り投げ、かろうじて手をついて身体をかばったのは良いのだが、

左足の向う脛を強かに岩に打ちつけてしまった・・・。


何故か、毎度アクシデントに見舞われる渓というのも、あるものだ。

骨に異常が無かったのは、不幸中の幸いだろう。


既に、林道から数キロ奥に入った地点。

歩けなくなったら・・・。  なんて、考えたくも無い。



それでも、痛む足を水に浸しつつ、先を目指すのは何故だろう。

これ以上のドラマが起きるはずは無いことを、分かっているはずなのに。

11070911.jpg

次々と廻ってくる渓魚の棲む清流。

引き返さなければ、と頭では理解しているはずなのに。

まだ行ける。と内なる叫びに突き動かされるように身体が上流を目指す。

それは、其処には未知なる出逢いがあると、信じて疑わない釣り人の性。

11070912.jpg

だが、そろそろ折り合いをつける時がきたようだ。

11070913.jpg

微かに残る理性が、「さあ、引き返そう」と囁く。

11070914.jpg

もう、充分じゃないかい。

11070915.jpg

今日の素敵な出逢いを思い出にする時が来たようだ。

11070916.jpg

現実に還った意識は、否が応でも忘れかけていた足の痛みを思い出させる。

無理せず、ゆっくりと下って行こう。


いつもの倍以上の時間をかけて、麓に降り立った視界の先には、

11070917.jpg

蝦夷富士が雲の中に消え去ろうとしていた。



なのに、何故、こんな所に居るのだろう・・・。

11070918.jpg

何も起こるはずは無いというのに。

11070919.jpg

スポンサーサイト

Comment

馬平 says... "リベンジ"
おはよう御座います
前回のリベンジを果たせなかった・・・?
これだけ釣れればOKだと思いますよ~
9日のリベンジに昨日も行ったのかなぁ
暑い中の釣行お疲れさまでした
2011.07.11 07:55 | URL | #- [edit]
TW says... "Re: リベンジ"
馬平さん こんばんは。
釣果だけなら、そこそこ釣れはしたのですが、
違う魚でしょうが、同じポイントで返り討ち。
さらに、リベンジポイントが増えちゃいました(W)
今週末は、気温より、湿度の高さに参りましたね。
連日のサウナ状態の釣行で、少しは痩せたかな~
2011.07.11 19:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://trailway3110.blog133.fc2.com/tb.php/110-ee9c77ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。